バックトゥザフューチャーとイルミナティ

 

私は子供の頃から映画を見るのが好きだった。

 

学生の頃は休みの日に6本も見ていたほどだ。

 

そんな私が一番好きだった映画は、バックトゥザフューチャーである。

 

本記事ではBTTFの中に隠された闇を暴いていく。

 

BTTF監督ロバートゼメキスは、イルミナティ13血流の李家。

ロバートゼメキスは悪魔崇拝者イルミナティ

 

まずは確信からだが、BTTFはイルミナティの重鎮達が作った映画である。

 

監督はロバート・ゼメキスで、製作総指揮者がスティーブン・スピルバーグなのだ。(監督のほうが地位が高い)

 

そして、ゼメキスの本名は、ロバート・リー・ゼメキス(Robert Lee Zemeckis)で、李家の血筋なのである。

 

この根拠は、欧米圏ではミドルネームの中に、先祖の名前、母方の姓、自分の旧姓、尊敬する人物の名前、これらを入れる風習があるからだ。

 

あと、彼の顔の特徴もアジア人の要素が含まれている。

 

ちなみに、李家とはイルミナティ13血流の一つであり、日本を支配するユダヤ人の末裔のことだ。

 

【麻生太郎と安倍晋三はユダヤの末裔!!】

 

バックトゥザフューチャーは9.11テロを予告していた。

 

イルミナティは映画の中でテロを事前に予告することが多い。

 

しかし、テロが起こる前は、その予告が何を意味するのかはわからない。

 

実際に事が起きてから後で見返すことで全てが繋がる。

 

実際、BTTFは9.11テロの予告が恐ろしいほど含まれていたのだ。

 

BTTF1では、様々な形で日付の予告が隠されていた。

 

バックトゥザフューチャーは911テロの予告のために作られた映画

 

 

そして、BTTF2では実際にワールドトレードセンタービルが崩落する描写が描かれていた。

 

 

バックトゥザフューチャーとワールドトレードセンタービル

 

 

そして、極めつけは劇中に仕込まれたイルミナティマークの「プロビデンス」の目だ。

 

 

BTTFとイルミナティ

 

その他にも様々な要素が隠されているので、さらに詳しく知りたい場合は、画像ソース元の動画を参照してほしい。

 

怪しいBGMが流れるが解説自体は分かりやすい。

 

しかし、8分40秒あたりからゼメキスを賞賛する動画に変わるので、洗脳されないように注意が必要だ。

 

結局、この動画もイルミナティ側が自分達の力を示すために作ったものに過ぎない。

 

 

ちなみに、ワールドトレードセンターの崩落は飛行機の追突ではなく、爆弾の制御解体によるものだ。

 

その事実は科学的に証明されている。

 

こちらの記事ではRAPT理論をベースに9.11テロに関して分かりやすく解説している。

 

あと、私の知り合いはテロ当日にWTCの中層にいたのだが、爆発音は下から聞こえたと言っており、下層から避難者が登ってきたとも言っていた。

 

マイケル・J・フォックスに似ているHYDEと小池徹平

 

イルミナティは美男美女を作るために近親相姦を行う連中だ。

 

だから、世界中にそっくりさんが存在する。

 

昔からマイケルと似ている言われているのは、L'Arc-en-CielのHYDEと小池徹平だ。

 

 

激似と言えるレベルではないが、血が混じっている可能性はあるかもしれない。

 

ちなみに、彼ら3人は160センチ代の身長の高さなので、そういった共通点もある。

 

ドク役(クリストファーロイド)とソックリな博多華丸

博多華丸はドクとソックリ

 

博多華丸はドクと激似である。

 

これはもう親子レベルでそっくりなので、明らかに血縁があるだろう。

 

あまりにも似ている事から、ツイッターでは数万のリツイートがされたくらいだ。

 

博多華丸はドクと似ている激似

 

吉本芸人は上級国民の血筋だとRAPT理論によって暴かれたので、華丸に関しては間違いないだろう。

 

そっくりさんの詳細が知りたければ、こちらのツイートを是非参照してほしい。

 

ビフのモデルはトランプだった。バックトゥザフューチャー制作秘話。

BTTFビフタネンのモデルはトランプ大統領

 

BTTFの悪役と言えばビフ・タネン。

 

実はビフのモデルはトランプ大統領だと、ゼメキスは発言している。

 

ビフはカジノ王だし、トランプはホテル王なので、設定も寄せているのだろう。

 

ちなみにトランプは最初から大統領になることは決まっていた。

 

これはイルミナティカードを見れば一目瞭然だろう。

 

ビフの入浴シーンは、このカードに似せて撮影したのかもしれない。

 

BTTFビフタネンのモデルはトランプ大統領

 

バックトゥザフューチャーの解説と感想

 

あらゆる角度から解説してきたが、バックトゥザフューチャーは、イルミナティが総力を結集して作り上げた作品だ。

 

ゼメキスとスピルバーグは映画界では実力のあるほうだし、金に物を言わせた宣伝効果も使っているので、世界的な大ヒットに繋がったのは必然だろう。

 

貴方が私のようにBTTFが好きな人であれば、受け入れがたい内容かもしれないが、これが真実なのだ。陰謀論でも何でもない。

 

私はRAPT BLOGに辿り着く前は、こう言った真実を知らずに、彼らが作った映画を楽しんでいた。

 

しかし、彼らが幾重にも意味を含めて作品を作ったのだと悟った時、以前のようには楽しめなくなったので、映画を見るのを完全に辞めた。

 

だが、今は彼らの闇を暴く為に再び映画を見ている。

 

これからも映画の中に隠された裏情報をアップしていきたいと思う。

 

ちなみに、イルミナティの核心は創価学会であることが暴かれた。

 

その真実が拡散したことによって、創価の言論弾圧は酷くなってきている。

 

実際、創価企業のGoogleやYouTubeの不正は目に余る。

 

私自身もブログのPV数を不正操作されるようになった。

 

以下記事は創価Googleによって、閲覧数を半減させられた記事なので是非ご覧になって欲しい。

 

彼等が庶民には絶対に知って欲しくない真実をまとめておいた。

 

おすすめの記事