メッシは創価学会

 

メッシがバルセロナを退団すると発表してから約1週間が経過した。

 

しかし、クラブ側は退団を認めず、メッシに対する違約金は882億にもなり、法廷闘争は免れない状況になりつつある。

 

本記事では、メッシとバルサが争っている本当の理由を明記していく。

 

リオネル・メッシは創価学会だった。

 

現在、TwitterではRAPT BLOG読者の調査により、創価学会の悪事が連日のようにアップされている。

 

◯【毎日更新中】Twitterで暴かれた創価学会の悪事。

 

◯【完全解明!!】コロナパンデミックは、大本教・出口王任三郎の計画的犯行だった!!

 

コロナを捏造したのは、大本教の思想を受け継ぐ創価学会=イルミナティで、彼等は国民から土地や建物を強奪する為に、嘘の病気を捏造しているのだ。

 

創価はあらゆる分野に根を張っており、サッカー界も例外ではなかった。

 

今回のメッシとバルサの騒動もコロナが口実になっているが、彼等もまた創価学会と深い関わりを持っているのだ。

 

彼等はコロナが嘘だと知っているはずなので、この騒動の理由は利害関係の悪化だろう。つまり、仲間割れを起こしている。

 

まず、メッシはSGI(創価学会インターナショナル)に2度も参加している。

 

 

この動画のソース元はアルゼンチン創価学会の公式アカウントだ。

 

メッシがSOKA(創価)と発言しているのが確認できると思う。

 

メッシ効果なのかアルゼンチンでは、創価の布教活動が進んでいると創価自身も公表している。

 

創価は信者数を改竄しているので100%信用できない情報だが、サッカー界のスターであるメッシの影響力は強いので、実際、創価に入信する若者は増えていることだろう。

 

 

 

バルセロナも創価学会だった。

 

バルサのユニフォームは青、赤、黄の創価色であることは有名な話だ。

 

本記事のアイキャッチになっているメッシのユニフォーム画像と比較してみて欲しい。

 

ちなみにバルサのスポンサーの楽天も創価である。

 

更に、本田圭佑や中村俊輔など、日本でも有名なサッカー選手は創価信者が多い。

 

このように創価学会は、サッカー界を裏から完全に蝕んでいる。

 

 

メッシの移籍理由はイルミナティ同士の仲間割れに過ぎない

メッシはイルミナティ

 

現在、神様の裁きが進行しているので、世界中至る所でイルミナティ同士の仲間割れが激化している。

 

それは、サッカー界も例外ではない。

 

メッシとバルサが創価なのは誰の目にも明らかであり、彼等はコロナが嘘だと知っているはず。

 

だから、今回の騒動は創価同士の利権関係の争いでもあるのだ。

 

ちなみに、メッシは神の子と言われているが、実際は悪魔の子だろう。

 

なぜなら、メッシの腕にはホルスの目が彫られているからだ。

 

この刻印こそ悪魔の子である最大の証明だと言える。

おすすめの記事